お知らせ一覧

 

ポリカーボネート(PC)とは?特徴や用途、アクリルとの違い

DIYシーンでも人気が高く、サンルームやカーポートの屋根などでよく使われるポリカーボネート。アクリル板と同じプラスチック材の一つで、強度はアクリル板の20倍、ガラスの200倍、さらにガラスと同等の透明度がある素材です。   ポリカーボネートの特徴 ・高い透明度 ・傷がつきやすい ・耐候性や耐久性に優れている ・プラスチックの中で一番の耐衝撃性を持つ   ポリカーボネートの用途 用途はとても幅広く、精度が高く、透明度の高い製品を作りたいときによく使われています。 ・カメラやメガネのレンズ ・パーテーション ・高速道路の透光板 ・車のヘッドランプ ・カーポートなどの屋根材 ・産業資材 ・機械部品 ・拡散防止カバー   ポリカーボネートとアクリルの違い ポリカーボネートとアクリルは同じプラスチック素材ではあるものの、特性に大きな違いがあります。   ・加工がしやすいのはアクリル ・透明度がより高いのはアクリル ・強度が高いのはポリカーボネート ・表面が柔らかく、傷つきやすいのはポリカーボネート ・紫外線を浴びるとより劣化がしやすいのはポリカーボネート  

ハードなビジネスパーソンにぴったりなアイテムの登場!

イタリアンレザー x ハンドルコーティング技術 x あの有名ブランド ”リーバイス” のベルトを手掛ける日本職人によるきめ細やかな技の結晶です。 信頼の日本製をタナベレザーでどうぞお試しください!詳しくは下記公式オンラインショップまで。 タナベレザー公式オンラインショップ  

ポリプロピレン(PP)とは?特徴や用途、使用例、ポリエチレンとの違い

多くの日用品に使われているプラスチック素材がポリプロピレン。とても軽く、加工がしやすいので、家電や食品用タッパー、おもちゃ、自動車のパーツとしてはもちろん、カーペットやロープなどの繊維素材としても使われています。 ポリプロピレンの特徴と用途 軽い 安価 絶縁性がある 耐薬品性が高い 機械強度が強い 耐熱性が高い 耐候性が悪い 耐摩耗性に優れている 無色のフィルム加工が可能   ポリプロピレンの使用例 低コストで大量生産がしやすいため、家庭用品や工業製品など幅広い用途で使用されています。 電子レンジ用の食品トレイやタッパー バケツ 電化製品 おもちゃ DVD用ケース 注射器の材用 梱包フィルム 自動車用部品 カーペット   ポリプロピレンとポリエチレンの違い ポリプロピレンとポリエチレンは類似するところが多い素材ですが、違いをご紹介します。 ポリプロピレンは硬く、ポリエチレンは軟らかい ポリエチレンは白濁したものしかない ポリプロピレンの方が耐熱温度が優れている ポリエチレンの方が耐候性に優れる

革製品を消毒はNGですか?

本革・合皮製品へのアルコール消毒は基本的におすすめしません。 革の変色やシミ、傷みの原因になります。 また、バッグの中に入れておいた除菌剤がこぼれてしまったり、アルコール消毒直後の手で触れるなどで革製品にアルコールが付着しないように注意することも必要です。 革製品の表面の消毒には革用のクリーナーや中性洗剤(革専用・台所用洗剤など)でケアする方法があります。 タナベレザーは様々な薬品に対して各種試験をクリア。一般的な除菌製品での拭き取りに問題はありません。   — Instagramでも情報発信中! — 自社開発プロダクトやコラボレーションアイテムの紹介、材料として活用する際のコツを発信しています。タナベレザー 専用アカウント: @tanabe.leather  オフィシャルアカウント: @tanabe.japan

ポリエチレン(PE)とは?特徴や種類、用途について

プラスチックの中で、最も多く生産されているものがポリエチレン。軽くて柔らかい素材なので、包装材や食品容器やバケツなど様々な場面で使用されています。 ポリエチレンの特徴 軽い 安価 成形しやすい 火や熱に弱い 低温環境に強い 耐薬性に優れている やわらかく弾力がある 電気絶縁性に優れている 水を吸わず、防湿性に優れている   ポリエチレンの種類と用途 ポリエチレンは密度によって、HDPE(高密度ポリエチレン)とLLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン)の2種類に分けられます。 HDPE(高密度ポリエチレン)は半透明で、薄くても強度が高く、触ると「シャカシャカ」音がするのが特徴です。レジ袋や傘袋、ビールケース、ポリバケツ、ポリタンクなどに使われています。 LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン)は透明度が高く、よく伸びて柔らかい素材で、触ると「つるつる」しているのが特徴です。食品包装フィルム、梱包材、ポリ袋などに使われています。 また、ポリエチレンを燃やしても発生するのは、二酸化炭素と水、そして熱で、ダイオキシンのような人体に有害物質は発生しません。

革の水濡れ、気になりますか?

本革は水濡れや湿気に弱い素材です。 濡れたままにしておくと水染みの原因に。 耐久性に影響が出ることもあるため早めのお手入れが大切です。 雨予報の日は事前に防水スプレーでコーティングをしましょう。濡れたらすぐに水気をふき取り、風通しの良いところで乾燥させます。 合皮は水をはじく特徴があるため、水染みなどの心配はありません。とは言え、製品を長持ちさせるためには濡れたらすぐ拭き取って乾かすことが大切です。 また、合皮は通気性が低く蒸れやすい素材です。湿気の多い時期には表面がベタベタすることもあるでしょう。 タナベレザーは耐湿性の高い高級ハンドルレザー。多少の水分が付着してもサッと拭けば元通りに。 湿気が多い時期でもカビが生えにくく、表面のしっとり吸い付くような触感は変わりません。   — Instagramで情報発信中! — 自社開発プロダクトやコラボレーションアイテムの紹介、材料として活用する際のコツを発信しています。タナベレザー 専用アカウント: @tanabe.leather  オフィシャルアカウント: @tanabe.japan

ゴムスポンジ(EPDM/CRスポンジ)とは

ゴムスポンジとは原材料のゴムに発泡材等を練り込み、発泡させたもの。軽量で強靱な材質が特長で、車両・土木建築・OA・スポーツ・包装など、さまざまな産業分野で用いられています。 ゴムの種類と配合剤の組み合わせによって、硬さなどの物性を調整することができ、耐薬品性、難燃性などの特性があります。 EPDM系ゴムスポンジについて エチレンプロピレンゴムを主成分としたゴムスポンジ。 耐熱・耐候性、電気絶縁性に優れており、野外での使用など特に耐候性の必要な用途に使用可能です。一般工業ゴム製品や電気絶縁用に使用されています。物性バランスはよいものの、耐油性に乏しい欠点があります。 CR系ゴムスポンジについて 「ネオプレン」という名で知られるクロロプレンゴムを主成分としたゴムスポンジ。 耐熱性、耐油性、耐侯性、耐薬品性等の性能をバランスよく備えています。そのため、一般工業用ゴム製品をはじめ非常に幅広い用途で用いられています。

合皮と本革と 高級ハンドルレザー 経年劣化の違いは?

合革は使用の有無に関わらず経年劣化をします。 一般的に言われている合皮の寿命は3年ほど。 劣化すると表面がべたついてきたり、ボロボロと表面がはがれてきたり。 ビジネスシーンで顧客も目にするバッグやカバーの表面は少しの劣化でも気になりますよね。 本革は経年劣化を楽しむレザーです。 お手入れ次第ですが寿命は10年ほど。 使い込むほど色艶が増し、キズや汚れもその製品の味に。 革に負担をかけないよう使い方・置き方に気を配ったり、乾拭きやオイルケアをするなど日頃のメンテナンスが必要です。 タナベレザーは独自開発の高級ハンドルレザー。 夏場の炎天下の車内で絶え間なく直射日光にさらされていても、美しくありつづけます。 表面のしっとり吸い付くような感触も変わりません。 傷や汚れがつきにくいため最小限のメンテナンスで済むのも特徴の一つ。 ビジネスシーンでアクティブに使い倒したいバッグやカバーが経年劣化で悪い見た目になってしまったら。 一分でも無駄にしたくない場面で雨に降られてしまったら。 いつまでも新品のように美しい高級ハンドルレザーはあなたのモチベーションを萎えさせません。   — Instagramで情報発信中! — 自社開発プロダクトやコラボレーションアイテムの紹介、材料として活用する際のコツを発信しています。タナベレザー 専用アカウント: @tanabe.leather  オフィシャルアカウント: @tanabe.japan  

ウレタンとは?種類や特徴、活躍するシーンを紹介

ウレタン(正式名称:ポリウレタン)は抗張力や耐摩耗性、耐油性に優れたプラスチックです。配合や成形の方法によって様々な種類があり、それぞれ特徴を生かして様々な製品づくりに利用されています。 ウレタンの種類 ウレタンには大きく「ウレタンフォーム」と呼ばれるものと、そうでないものに別れます。フォーム=気泡や泡で、用途によって気泡の大きさや密度を変えて製造します。 繊維、塗料、接着剤など、気泡の入っていないウレタンも多数の種類と用途があります。   ウレタンの用途 用途は多岐にわたりますが、特性を生かして以下のような用途で使われています。 ・座席用クッション・寝具マットレス(弾力性) ・ソファー(軽量) ・吸音パネル(防音性) ・住宅の建材(防水性/断熱性) ウレタンの加工 あらゆる用途で活用されるウレタンは、求められる加工はさまざま。カットひとつをとっても、ウレタンの硬度や用途によって適切な加工を行う必要があります。   株式会社タナベはウレタンフォームのカットを含む発泡品加工事業を長年行っています。加工にお困りの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ

メンテナンスの手間なく美しいレザー、その秘密とは?

タナベレザーは真夏の炎天下でも日々手に触れていても痛みにくく、ずっと美しい独自開発の高級ハンドルレザー。 ハンドルレザーは傷や汚れに弱い本革や、高級感に欠ける合皮のデメリットを解消し、良いところを併せ持った「ハイブリットレザー」と呼ばれることも。 タナベレザーは長年の研究開発により、ハンドルレザーの中でもより高い品質を実現。国産の高級車用ハンドルにも採用されています。   — Instagramで情報発信中! — 自社開発プロダクトやコラボレーションアイテムの紹介、材料として活用する際のコツを発信しています。タナベレザー 専用アカウント: @tanabe.leather  オフィシャルアカウント: @tanabe.japan

革茶屋さんでデスクパットを販売開始しました!

革茶屋さんで販売を開始したのですが、売れ行きが好調でビックリしています。コロナ禍で在宅ワーク等が日常になっているからでしょうか?ハンドルレザーの手触りは何と言っても心地よいです。 革茶屋さんのサイトはこちら

クラウドファンディング目標金額24時間で達成!

2019年12月 マクアケのクラウドファンディングで”タナベレザー”が正式にデビュー! 開始早々24時間で目標を達成し、その後も日刊工業新聞他マスコミからも取材をうけました。 高耐久で好感触な独特の手触りが魅力のハンドルレザーで作り上げたビジネスバッグ。 現在はオールブラック仕様で自社ショップや㈱革茶屋様のオンラインショップ等で主に 販売中です。 革茶屋さんのサイトはこちら

強くて綺麗がいいけど楽したい!ワガママを叶える手触り抜群ハンドルレザーを広めたい – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

2021年11月に新たなクラウドファンディングとしてハンドルレザーで作ったラップトップカバー、デスクパット、ペンケース他を開催しました! キャンプファイヤー公開ページはこちら

マクアケプロジェクト第二弾公開〜美的ラップトップカバー

クラウドファンディングのマクアケにてTANABE LEATHERプロジェクト第二弾を公開することになりました。第二弾のプロダクト(製品)はラップトップカバー 。13インチサイズまでのPCやタブレットのほかA4サイズの書類なども収容できる革(レザー)のケースです。自動車ハンドルに使われている革ならではの高耐久で好感触な逸品になります。

ベトナム初!完全人工光型の植物工場で野菜を作る

植物工場は、天候や外注など外部からの影響を遮断したクリーンルーム内で、光・温度・養分・水質・二酸化炭素などの栽培環境をプラントシステムで制御します。露地栽培などと違って、外部の天候や季節に左右されずに、一年中同じ品質の農産物を育てることができます。

RRFARN GREEN FARM – SINCE 2014 –

ベトナム国ホーチミン市近くロンハウ工業団地内にあるベトナム初となる植物工場。フリルレタスを主に栽培し、ベトナム国内のマーケットに日々出荷しています。

ウレタン・ゴムなどの裁断加工事業

求められる機能に適合したウレタンやゴムスポなどの発泡品素材を、さまざまな形状仕様に裁断加工し、自動車用部品や自動販売機などさまざまなメーカー様のもとに品物を供給しつづけています。

加工の種類と設備

お客様が求める材料を購入して様々なサイズや形状の裁断ニーズに対応しております。粘着剤や両面テープ付の素材加工にも常時対応でき、軟質の発泡品であれば、板厚70mmほどの素材まで加工実績がございます。

事業拠点は愛知県岡崎市の2拠点

本社工場は、〒444-0065 愛知県岡崎市柿田町2番地4。日名工場は、〒444-0918 愛知県岡崎市日名中町2番地22。

植物工場でイチゴを無農薬栽培 – SINCE 2018 –

タナベの本社工場に植物工場を設け無農薬で育てるイチゴの開発を行っています。商品化第一弾として愛知生まれのあかねっ娘を使ったいちごアイスを提供しております。

自動車ハンドル用レザー

私たちは大手自動車メーカーにステアリングホイール用のレザーを供給しています。

革仕上塗装から縫製まで

動物の皮を革の製品にするには非常に多くの工程を必要とします。また、そのそれぞれの工程には温度や湿度など繊細な条件管理が要求されます。タナベは、十全な管理のもとに多くの工程を通してお客様へと製品を届けております。

高耐久性と好感触を具えたタナベ・レザー

自動車のステアリングホイールは、頻繁に運転者の手が接触することに加えて、日光などガラス越しに外的刺激を受けるパーツであるため、本体を纏うレザーには良好な感触とともに様々な刺激に耐えうる性能や品質が求められます。好感触で高耐久性のある革を開発実現したタナベは、徹底した品質管理のもとに革製品を日々提供し続けております。

生産拠点はベトナム国の2法人

ベトナム北部(ハノイ側)の TANABE VIETNAM CO., LTD. と ベトナム南部(ホーチミン側)の TANABE LONG HAU CO., LTD. にて皮革製品生産事業を展開しています。主に大手自動車メーカーのハンドルの革部品を取り扱っています。